ふんばりフロントエンジニアのブログ

新米フロントエンジニアのふんばっている日々と備忘録です。

イラレの個人的注意点をまとめてみた

 

さて、しばらくコードの話をしていたので今回はイラレについてお話しようと思います!

私は業務でデザイナーさんから送っていただくデザインを元にコーディングすることが多いのですが、その場合フォトショかイラレかのどちらかをいただきます。

その中でもイラレの方がなんとなーく迷うことがありそうなので備忘録がてら書いていこうとおもいます。

 

ダイレクト選択ツールで選択しようとしたら背景が持ってかれる...

直感的に使うとなると陥りやすいやつですね。

こちらはかなりシンプルで背景レイヤーにロックをかけるだけで解決できます。

また背景レイヤーだけでなく、選択したくないレイヤーや動かしたくないレイヤーにはあらかじめロックをかけておくといいかもですね。

クリッピングパスがかけられているレイヤーを余白なしで書き出したい!

普通にクリッピングパスがかけられているレイヤーを選択して書き出そうとすると、そのクリッピングがかけられている元のレイヤーのコンテンツは含まれませんが、元のレイヤー分の幅・高さで書き出されてしまうので余白が生まれてしまいます。

その際には、アートボードツールを使うと綺麗に書き出すことができます。

まずダイレクト選択ツールでクリッピングマスクがかけられているレイヤーを選択します。

そしてアートボードツール(mac:shift+O)に切り替え、そのレイヤーをもう一度クリックするとその選択したレイヤーでアートボードが作られます。

アートボードができたらあとは「書き出し」から「スクリーン用に書き出し」で書き出したいアートボードを選択して書き出せばOKです。

 

簡単な内容でしたが備忘録として残しておきます...